アコースティックギター弦の種類とその特徴をまとめてみた

アコギ

皆さんは、アコースティックギターの弦には色々な種類があるのをご存知ですか?

私は、初めてアコースティックギターの弦を買いに楽器屋に行ったときに何を買えばいいのか、今まで自分が使っていたものは何だったのか、分からないことが多く弦選びに戸惑ったことがあります。

 

その時は、店員さんに聞いて色々教えてもらったのですが、ますは色々弾いた方が良いといっぱい弦を買わされたのを覚えていますw

 

今回の記事ではアコースティックギターの主な弦の種類を5つ紹介します。それぞれの弦に特徴があるため、自分の好みに合った弦選びをすると良いでしょう。

スポンサーリンク

ブロンズ弦

通常は、80/20 ブロンズ弦と表記されているものですね。

 

アコースティックギター弦の代表的なタイプで、主にギブソンのアコースティックギターに好んで張られているのを多く見ます。

 

80/20の意味は銅とスズを8:2の割合で混ぜて作った弦を使用していますよ、という意味らしいです。色は金色で、金属の色~って感じの色をしてます。

 

音の特徴は、音の輪郭がはっきりしない少し落ち着いた丸みのある太い音が特徴です。

 

音の輪郭がはっきりしない、音が丸いということは超高音成分が抑えられるということでもあるため、歌ものの弾き語りや伴奏のお供にぴったりな弦です。

 

しかし、80/20 ブロンズ弦は汚れやサビに弱く空気に触れると酸化していくため、袋を開けたまま放置は絶対にやめましょう(これは他の弦にも言えることですが)。

 

音の特徴から、ブルース系の音楽をしたい方にはぴったりの弦タイプではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

フォスファーブロンズ弦

フォスファーブロンズ弦は、ブロンズ合金…いわゆる銅とスズが混ざった素材に少量のリンを混ぜて作った弦になります。

 

リンは酸化しにくい特性があるため、フォスファーブロンズ弦は80/20 ブロンズ弦に比べて長持ちする特徴があります。

 

また、フォスファーブロンズ弦はブロンズ弦に比べて倍音成分(倍音とは、ある音にたいして整数倍の振動数を持つ音)を多く持つ傾向にあるため煌びやかな音がするのが特徴です。

 

昔はブロンズ弦が主流だったのですが、最近ではほとんどのメーカーがフォスファーブロンズ弦を出しており、今はブロンズ弦よりも多くの人に使われているイメージがあります。

 

ソロギターやフィンガーピッキングによる単音弾きで高音を綺麗に響かせたい人におすすめです。(高音が目立つ分音を均一に鳴らすには結構技術がいります)

 

スポンサーリンク

コーティング弦

コーティング弦はその名の通り、弦の上から薄い膜でコーティングをかけた弦です。

 

コーティング弦の中にもフォスファーブロンズ弦や80/20 ブロンズの種類があるため、非コーティングとコーティング弦の中にフォスファーブロンズ弦と80/20 ブロンズ弦があるといった方が良いかもしれません。

 

コーティング弦は、エリクサー(上記写真)が有名というか一強状態ですが、マーチンやダダリオ等の有名な会社も実はコーティング弦を出しています。

 

最大の特徴は、フォスファーブロンズ弦と比べても圧倒的に長持ちな点です。理由は、弦全体をおおっているコーティングにより、酸化や汗等の汚れに強くなっているからです。

 

音の特徴は、フォスファーブロンズならフォスファーブロンズ、ブロンズならブロンズの音の特徴を持ちながら、コーティングで少し輪郭がぼやけた音になる点でしょうか。

 

コーティングの技術等もあり、値段は通常弦の1.7倍くらいの値段ですが、ストロークをガシガシ弾いたりする奏法でなければ、2か月くらい持ったりします。通常の弦が2週間~1か月と言われているのでコスパとしては通常弦よりも良いと個人的に思います。

 

スポンサーリンク

ナイロン弦

ナイロン弦は、主にクラシックギターと呼ばれる糸巻き式のアコースティックギターで主に使用される弦です。ナイロンなので金属ではなく合成樹脂繊維でできています。

 

音色は繊細で柔らかく、ポロロンポロロンといった音が鳴るのが特徴です。繊細である分、金属弦に比べると生音の圧というか迫力は劣ります。

 

弦を引いた時のタッチの違いというものを表現できるため、フィンガーピッキングに適しています。また、ナイロン弦は比較的指の負担や痛みが少ないことも利点です。

 

スポンサーリンク

シルク弦

コンパウンド弦とも呼ばれており、巻き弦の芯線にシルクを使った特殊な弦になります。

音色はナイロン弦とスチール弦の中間といったところでしょうか。かなり独特で、柔らかくメロウなサウンドで、音色の響きがスチール弦より柔らかいためこのような音が好きな人は好きといった弦だと思います。

 

スチール弦に比べると指への負担が小さく弾きやすいことから、初心者や長年弾いていない人のリハビリ用に使用する人もいます。

 

フォークギターでナイロン弦に近い音を出したい時に使用するのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

最後に

今回の記事ではアコースティックギターの弦の種類を5つ紹介しました。

アコースティックギターの弦は基本的には2週間に1度交換する機会があります。弦選びに正解は無いので、最初のうちは今回紹介した色々な種類の弦を試してみるのも面白いかもしれません。

アコギ弦選びが楽になる?音色の違いでみるおすすめアコギ弦
The following two tabs change content below.
2018年4月より弾き語リストの大石昌良さんの影響でアコギを始める。現在はアコースティックギターの魅力にどっぷりはまり、色々と気になったこと・好きなことを調べて記事にしています。

コメント