ギブソンHummingbird の魅力に迫る!珍しいHummingbirdも紹介します!

アコギ

今回は、筆者が3本目に購入したアコースティックギターであるギブソンのHummingbirdの魅力に迫ろうと思います!

 

以前私が書いた「プロのアコギ使用率をまとめてみた」という記事では、ギブソンのアコースティックギターの使用率は断トツでトップでしたね!その中でHummingbirdをメインに使用している人はすくないものの、多くのギブソンプレイヤーがHummingbirdを所有しています。

日本のプロ100人のアコースティックギター使用メーカー・モデルをまとめてみた

 

J-45と同じくらい知名度のあるHummingbirdですが、この記事ではその魅力に迫ります!

スポンサーリンク

Hummingbirdの魅力

Hummingbirdの魅力の1つはなんといってもその見た目!ピックガードに描かれているハチドリや草花から無骨な形状とギャップのある華やかさを感じます。

その華やかさから女性人気も結構ある印象があります。最近の女性アーティストだとコレサワさんが使用していますね!ジャケ写や公式キャラもギブソンのHummingbirdを持つ姿が描かれていてとても印象的です。

コレサワ公式サイト|Koresawa Official Site
コレサワ 2ndアルバム『コレでしょ』2018年9月19日発売決定!

 

Hummingbirdのもう一つの魅力は、スクエアショルダーのボディとマホガニーバックサイドが生み出す暖かみのある甘いサウンドです!

 

スクエアショルダー型のため、大迫力かつ広がりのあるサウンドはモチロンですが、どこかJ-45とも違う甘いサウンドを持っています。これがJ-45とも違う最大の魅力だと思います。

 

Hummingbirdの甘いサウンドはこちらの動画が分かりやすいので是非聴いてみてください。

スポンサーリンク

珍しいHummingbirdをご紹介

Hummingbirdにも色々な種類があることをご存知ですか?

 

Hummingbirdはギブソンが初のスクエアショルダー型アコースティックギターとして1960年に発売されたものです。

 

そこから年代ごとに色々とマイナーチェンジを繰り返したり、材質を変えたりして現在では様々な設定のHummingbirdが生まれました。

 

筆者も弾いてみたい珍しいHummingbirdについてここではご紹介していきます!

Gibson / Hummingbird Red Spruce VOS Vintage Cherry Sunburst

こちらはTopに”アディロンダック・レッドスプルース”というものを使用したモデルです!檜のような匂いが独特で、よくヴィンテージマーティンのギターに使用されたりしています。倍音成分が強いと言われていて最近では良質な材は入手困難で、主に高級ギターに使用されています。

気になる方はこちらをクリック↓

Gibson / Hummingbird Studio Walnut Burst

Topはシトカ・スプルース、Side/Backには、高級家具などにも用いられるウォルナットを採用しています!ウォルナットは、Taylorの100シリーズやFurchの21シリーズなんかで使われているのを目にしますね。

ウォルナットは、エッジに効いたミッドレンジが際立ち、輪郭のはっきりとしたサウンドが特徴のようです。

気になる方はこちらをクリック↓

Gibson / Hummingbird Custom Koa

SIDE/BACKにコアを使用している珍しいHummingbirdです。なんでも限定もので数も少ないとか…

見た目も派手派手でインレイがところ狭しと散りばめられています。限定もの好きにはたまらない一本なのではないでしょうか!!

材としてのコアは、ウクレレでよく使用されている木材で、中高域がキラキラした感じの音が出ることで有名です。動画で見たことがあるのですが、これがHummingbirdの音なのかというくらい違った音がしますので店頭で見つけたら弾いてみたい一本ですね!

気になる方はこちらをクリック↓

Gibson / 1960s Hummingbird adjustable

こちらは、ギブソンの全盛期とよく言われる1960年代に流行ったアジャスタブルサドル仕様のHummingbirdです!

アジャスタブルサドル仕様の音こそがギブソンサウンドだ!という人もいますね。

アジャスタブルサドルとは、サドルの両端がネジで止まっておりそこで弦高が調整できる画期的(?)なサドルです!

音の最大の特徴はジャキンって感じのサスティーンの極端に短い音が出ることです。サスティーンの長短もアコースティックギターの特徴の一つですので人を選ぶギターといった感じでしょうか。

 

気になる方はこちらをクリック↓

 

 

また、Hummingbirdにはこんな色もあるんです!色々選べるのもHummingbirdの良いところですね!









スポンサーリンク

最後に

今回の記事では、ギブソンのHummingbirdの特徴や珍しいHummingbirdについてご紹介しました!皆さんにHummingbirdの魅力が少しでも伝われば嬉しいです。

 

筆者が所有しているHummingbirdはLate 60’sモデルのHummingbirdになりますが、そちらについては別記事で紹介しようと思います!

 

オールハンドメイド!?ベトナム製アコギ "AYERS"
私がネットで一目惚れして購入したAyersというアコギメーカー SJ05 CX NEW HILLを紹介します!
The following two tabs change content below.
2018年4月より弾き語リストの大石昌良さんの影響でアコギを始める。現在はアコースティックギターの魅力にどっぷりはまり、色々と気になったこと・好きなことを調べて記事にしています。

コメント