日本のプロ100人のアコースティックギター使用メーカー・モデルをまとめてみた

アコギ

プロのミュージシャンが使用しているアコースティックギターを知ることはギター選びの参考になります。

 

プロが使用しているということは良いギターだ!と決めつける訳では無いですが、プロの方々が選び抜いたアコースティックギターを弾いてみることは理想のアコースティックギターに出会うための近道と言えるでしょう。

 

今回は日本のプロミュージシャン100人のメーカー使用率・モデル使用率をまとめてみました。男女の内訳は男性62人、女性38人となります。最近はアコギを弾き語っている女性も多くなってきました。

スポンサーリンク

集計したプロミュージシャン

男性のプロミュージシャンは以下の方々です。ベテランの方から若手まで幅広く集計しています。

 

Char 宮本浩次(エレファントカシマシ) 玉置浩二
ぐっさん(くず) 宮田和弥 福山雅治
スガシカオ 小渕健太郎(コブクロ) 秦 基博
トータス松本(ウルフルズ) 尾崎豊 稲葉浩志(B’z)
なぎら健壱 山下達郎 竹原ピストル
ハナレグミ 山崎まさよし 細美武士(ELLEGARDEN)
ホリエアツシ(ストレイテナー) 岡野昭仁(ポルノグラフィティ) 草野マサムネ(スピッツ)
井上陽水  岸田繁(くるり) 荒井岳史(the band apart)
佐藤良成(ハンバートハンバート) 峯田和伸(銀杏BOYZ) 藤原基央 (Bump Of Chicken)
吉田拓郎 忌野清志郎 藤巻亮太(レミオロメン)
向井秀徳(ナンバーガール) 斉藤和義 見田村千春
和田唱 星野源 野田洋次郎(RADWIMPS)
坂崎幸之助(アルフィー) 曽我部恵一(サニーデイ・サービス) 長渕剛
堀込泰行(キリンジ) 木村拓哉(SMAP) 長澤知之
堀込高樹(キリンジ) 桑田佳祐 馬場俊英
大橋トリオ 桜井和寿(ミスチル) 高橋優
大橋卓弥(スキマスイッチ) 森山直太朗 高野寛
大石昌良 泉谷しげる ISEKI(キマグレン)
奥田民生 清水依与吏(back number) 馬場俊英
ダイスケ 北川悠仁(ゆず) 所ジョージ
南こうせつ 岩沢厚治(ゆず)

 

続けて女性のプロミュージシャンは以下の方々です。

chay 井上苑子 植村花菜
MADOKA 住岡梨奈 清水美和子(Predawn)
miwa 大原櫻子 片平里菜
Rei 山崎あおい 田渕ひさ子(ナンバーガール)
Rihwa 山本彩(NMB48) 矢井田瞳
Superfly 愛美 藤原さくら
YUI 新山詩織 阿部真央
アンジェラ・アキ 森山良子 椎名林檎
コレサワ 森恵 西内まりや
家入レオ 見田村千晴 中島みゆき
大森靖子 ほのかりん 内田珠鈴
植田真梨恵 瀬川あやか May’n
ステファニー Anly

 

選定基準は、アコースティックギターを使った弾き語りを中心に活動している方、もしくはロックミュージシャンですが、弾き語りの曲も演奏している方を選んでいます。

 

計測は1人1本ずつで計測しており、基本的にはメインギターを集計し、ギターの本数が多い方はライブで使用したことがあるギターから1つ筆者の独断で選びメインギターということにしています。

スポンサーリンク

使用メーカーランキング

 

プロミュージシャンの使用メーカーランキングは以下のようになりました。

メーカーランキング
1. Gibson 37
2. YAMAHA 23
3. Martin 14
4. K.Yairi 5
5. GUILD 3
6. Fender 2
6. Takamine 2
6. Taylor 2
9. Headway 1
9. Ovation 1
9. Art&Lutherie 1
9. ZEMAITIS 1
9. Epiphone 1
9. VG 1
9. MORRIS 1
9. Larrivee 1
9. TAMARIYA 1
9. OMEGA 1
9. BEFFNICK 1
9. Collings 1

 

Gibsonが1位、YAMAHAが2位、Martinが3位という結果になりました。アコギと言えばGibson・Martinと言われていますが、日本のプロミュージシャンの集計ということで、YAMAHAがMartinよりも9票多い2位となっています。日本人が弾きやすいアコギを作っている印象ですので、日本のミュージシャンの人気がとても高いことが分かります。

 

世界では3大アコギメーカーとしてGibson・Martin・Taylorがよく挙げられますが、今回弾き語り中心の集計となっているため、ソロギタリストに人気なTaylorは少なめという結果になっています。

スポンサーリンク

男性、女性別メーカーランキング

The following two tabs change content below.
2018年4月より弾き語リストの大石昌良さんの影響でアコギを始める。現在はアコースティックギターの魅力にどっぷりはまり、色々と気になったこと・好きなことを調べて記事にしています。

コメント