Windows10 大型アップデートに備えてできること

日記

Windows10ユーザーは、毎度毎度Microsoftの大型アップデートという有難迷惑で「設定が変更された」「起動しなくなった」等の煮え湯を飲まされてきました…。

そして今回、2018年秋の大型アップデート「October 2018 Update」(バージョン1809)では

 

「アップデート後に一部ファイル消失」

 

「ドキュメントフォルダ内のファイルが勝手に削除された」

 

「20数GBのデータが消し飛んだ」

 

等の現象が起きており、現在Microsoftがアップデートを一時停止し調査を行っているようです。(詳細は下記ブログ参照)

Windows10の大型アップデートで配信を一時停止 苦情調査のため - ライブドアニュース
マイクロソフトは一部ユーザーからの報告を受けて、Windows 10の大型アップデート「October 2018 Update」(バージョン1809)配信を一時停止したことを発表しました。発表によれば「アップデート後に一部ファイルが

 

今回は、自動更新期間の前段階の手動更新期間での発覚だったため被害を受けた方は少ないかもしれません。

 

しかし、来たる自動更新に備えて、自動更新でこのような現象が起きてしまう前に自分で少なからず対策を打つ必要があるでしょう。

 

対策としては

  1. バックアップを定期的にとる
  2. 自動更新を無効にする

等が挙げられますが、バックアップをとるHDDが用意できない場合等も考えられるため、今回は2の自動更新を無効にする方法を紹介します。

 

ただし、本記事で紹介するのは一般的な自動更新の無効化設定になります。

現在停止されている自動更新では対策されており勝手に自動更新が走ってしまう可能性もありますのでご注意を

スポンサーリンク

WindowsUpdateの自動更新を無効にする

Windows10の自動更新機能は、以前のOSに比べて設定が複雑かつ面倒な仕様になっています。数々のサイトが自動更新機能の無効について記事にしていますが、それでも無効にならないこともあるようです…。(どんだけ無効にされたくないんだ…)

 

また、WindowsUpdateの自動更新を無効にする上でデメリットもあることを理解してください。これを理解しないで設定を変更することはとても危険です。

 

ちなみにデメリットは、システムに影響を及ぼすアップデートが来ても更新されないことです。なので定期的に、例えば半年に1回更新プログラムの内容を確認し、必要であればアップデートを行うといった作業が必要です。

 

また、WindowsUpdateの無効にはレジストリと呼ばれるOSの設定に影響を与える部分をいじることになるため変更は自己責任でお願いします。(ちなみに筆者もこれから紹介することと同様の設定を行っておりますが問題なく動作しています)

 

それでは、自動更新の無効方法について説明します。

1.Windows Updateサービスの無効

ますはWindows Updateを行っているサービスを無効にします。(これを行うだけで普通なら無効にされるはずですが、そうでもないようです)

Windowsの左下の検索バーで「service」と打って出てきた「サービス」をクリックして起動します。

次に、「Windows Update」というサービスを見つけて開いてみましょう。すると、スタートアップの種類というところをクリックするとプルダウンで選択できるため、「無効」を選択して、「OK」を押します。

 

以上で、Windows Updateを行っているサービスを無効にすることができました。

 

2.タスクスケジューラによる自動更新の無効

こちらも先程と同じように、Windowsの左下の検索バーで「taskschd.msc」と打って出てきた「taskschd.msc」をクリックして起動します。

次に、タスクスケジューラの左側メニューのアイコンをクリックして展開し自動更新のフォルダを探しましょう。

「タスクスケジューラライブラリ」―「Microsoft」―「Windows」とまずは開いていきます。

次に、「Windows」の下にある「UpdateOrchestrator」をクリックします。すると、右枠の一番上に「Maintenance Install」があるのでそちらを選択して右クリックで無効にしましょう。

続いて、さらに下にある「WindowsUpdate」をクリックします。今度は右枠の項目を全て無効にしてしまいましょう。こちらも同様に選択して右クリックで無効にできます。

 

3.グループポリシーによる自動更新の無効

Windows10ではグループポリシーでWindows Updateの自動更新を管理しています。Pro版ではグループポリシーがいじれるのですが、Home版ではいじれないので対応するレジストリを変更することでグループポリシーを変更します。

 

Windowsボタン(左下のボタン)を右クリックして「コマンドプロンプト(管理者)(A)」を実行します。そこで下記2つのコマンドを一つずつコピーして、キーボードの「Ctrl」+「V」で貼り付けて「Enter」で実行しましょう。

  • reg add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU /v NoAutoUpdate /t REG_DWORD /d 1 /f
  • reg add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU /v AUOptions /t REG_DWORD /d 1 /

すると下記のように「この操作を正しく終了しました」と表示されるので確認してください。

これで、グループポリシーによる自動更新を無効にできました。この手順は下記を参考にしています。

グループ ポリシーまたはレジストリの設定を使用して自動更新を構成する方法
グループ ポリシーまたは Windows NT 4.0 システム ポリシーを使用するか、レジストリの設定を変更して自動更新を設定する方法について説明します。

 

以上で、Windows Updateの自動更新の無効化は終了になります。有効に戻したい場合は、手順で無効にしたものを有効に戻す必要があります。

スポンサーリンク

最後に

今回は、2018年秋の大型アップデート「October 2018 Update」(バージョン1809)の自動更新に備えて、一般的な自動更新の無効化方法について紹介しました。

この方法で次回のアップデートを回避できるかはまだ分かりません。次回更新時の結果、更新を回避できたか、できなかったかをまた記事にしたいと思います。

 

※Windows 10 2018年 秋の大型アップデートで勝手に削除されたファイルをマイクロソフトが復旧を約束したそうです。下記参照

Windows 10大型アップデートで勝手削除されたファイル、マイクロソフトが復旧を約束。サポート窓口への連絡を呼びかけ(Engadget 日本版) - Yahoo!ニュース
秋のWindows 10大型アップデート「October 2018 Update」は、インストールしたユーザ - Yahoo!ニュース(Engadget 日本版)
The following two tabs change content below.
2018年4月より弾き語リストの大石昌良さんの影響でアコギを始める。現在はアコースティックギターの魅力にどっぷりはまり、色々と気になったこと・好きなことを調べて記事にしています。

コメント